コーヒーのカフェインはダイエットに有効な3つの働きがあるコーヒーのカフェインはダイエットに有効な3つの働きがある

コーヒーのカフェインはダイエットに有効な3つの働きがある

コーヒーを飲むと痩せるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

過去にテレビでも何度か取り上げられたこともあったので、興味を持っている人も多いかもしれません。コーヒーは本当にダイエットによい飲み物なのでしょうか。

 

 

コーヒーがダイエットによいと言われているのは何故でしょうか。コーヒーといえばカフェインが多く含まれています。カフェインというと眠気覚ましの効果がある成分として有名ですが、実は3つのダイエットに有効な働きをしてくれるのです。

 

 

1つ目は脂肪分解効果です。カフェインには、脂肪を分解する「リパーゼ」という消化酵素を活性化させる働きがあります。そのため、脂肪が体につくのを防止してくれる効果があるのです。

 

 

2つ目は血行促進効果です。血の巡りがよくなることで基礎代謝があがり、痩せやすい体質へと導いてくれます。

 

3つ目は利尿効果です。カフェインは体内にたまっている余分な水分を体外に排出させる働きがあるので、むくみを防止することが出来ます。

 

 

カフェインは実はダイエットに有効な成分なのですが、ただコーヒーを飲むだけでは十分にその効果は発揮してくれません。コーヒーを飲んで痩せるにはコーヒーの飲み方やコーヒーを飲むタイミングにポイントがあります。

 

 

1つ目のポイントは、ブラックコーヒーをホットで飲むことです。コーヒーに砂糖を入れてしまうとカロリーを余分にとることになるので、ブラックで飲むようにしましょう。コーヒーはアイスとホットがありますが、ホットコーヒーの方がカフェインを効果的に体内に吸収することが出来るので、ダイエット目的でコーヒーを飲むときはホットを選びましょう。

 

 

2つ目のポイントは、コーヒーは食後や運動をする前に飲むことです。コーヒーを食後に飲むことで、食事でとった脂肪を体につきにくくする効果が期待できます。またコーヒーには脂肪燃焼効果があるため、運動をする30分ほど前にコーヒーを1杯飲むことで、運動したときに効果的に脂肪を燃やすことが出来るといわれています。
3つ目のポイントはコーヒーをドリップで淹れることです。コーヒーに含まれるクロロゲン酸という脂肪燃焼を助ける成分は高い温度の熱に弱いのです。そのため80℃前後のお湯でコーヒーをドリップすることで、効果的に体内にダイエットに有効な成分をとりいれることが出来ます。

 

 

コーヒーを飲む習慣がある人は、飲み方を変えるだけでダイエットに効果が出るので、手軽に始められますし続けやすいですよね。ダイエットの予定がある人はぜひコーヒーダイエットを試してみてください。